花粉症による鼻の症状の予防方法

鼻水や鼻づまりの症状が出ている場合、花粉症の可能性があります。また、くしゃみの症状が出ている場合、鼻から侵入した花粉によって引き起こされるため、この場合にも花粉症の可能性があります。

 

花粉症によって鼻に症状が出てしまうと呼吸をするのが困難になり、鼻づまりの症状が出ている場合には、ニオイを感じることが難しくなったり、くしゃみの症状が出ている場合には、何回もくしゃみをすることで腹筋が痛くなったりします。

 

ほかにも、鼻呼吸が困難になると、口呼吸になってしまうため、喉が乾燥したり、寝不足ぎみになったりする場合もあります。そんな鼻トラブルを解消するのに効果的な方法が、鼻うがい、坑アレルギー薬などといった点鼻薬を使うことです。

 

鼻うがいとは、温かい水に塩を混ぜて、一方の鼻からその水を吸い、口から出すというものです。鼻うがいは、慣れるまでは大変ですが、粘膜に付着した花粉をある程度除去することが可能です。点鼻薬は、坑ヒスタミン薬、血管収縮剤、殺菌消毒剤などがあり、一般的に売られている点鼻薬は眠くなってしまう副作用はあまりありません。

 

また、症状が重度の場合には、ステロイドが含まれている点鼻薬を使うこともあります。子どもの場合には、鼻を強くかみすぎることで鼓膜が損傷したり、鼻の中を触りすぎて鼻血が出たりするようなこともあるようです。花粉の症状が出たら、耳鼻科を受診して、早めに解決するのが一番良い方法といえるでしょう。